歯の痛みをガマンし過ぎると治療が大変

子供の頃から歯医者が苦手で、高校・大学になるころには歯が痛んでも我慢して治療しに行かないこともありました。痛みが酷すぎてご飯を食べるのも辛くなってきた時に、母親に虫歯を放置している事がバレてしまい、仕方なく歯医者に行きました。

しかし、その時には既に手遅れで、虫歯が神経にまで達してしまっていました。

表面だけなら削って消毒をして詰め物をすれば済むのに、神経まで虫歯が進行していたので、麻酔をかけた上で神経を焼いて治療をしなければなりませんでした。

担当した歯医者さんからは「こんなになるまでよくガマン出来たね。でもなんでもっと早く来なかったのか。」と注意されました。

麻酔はしていましたが、麻酔が効きづらい体質みたいで、3本も注射を打たれこの時点でかなり痛みが辛かったです。

治療中も神経の周りを削っている際は時々激痛がはしり、何で早く歯医者に行かなかったのだろうと心底後悔しました。

虫歯の範囲は狭く深いという感じだったので、削った所に詰め物をして完了しました。これまで虫歯の痛みで苦しんでご飯も美味しく食べられなかったので、治療後は本当に楽になりました。

他にも虫歯があると指摘され、それらも酷くなる前にこのタイミングで治療した方が良いと言われたので、すべて治療をしてもらいました。

治療期間は週に1回のペースで通院し、約2ヶ月ほどだったと思います。

虫歯は出来ないに越したことは有りませんが、目視や痛みなどで虫歯が疑われるようなら、すぐに歯医者に行くことをお勧めします。

それと子供のころから虫歯対策をしておくことが大切ですよね~

xn--0kqyz44zwhq3z5as1t.biz/

初期なら比較的簡単に、治療中の痛みも軽く済むからです。

私のように面倒くさがりな方は一年に一回歯の定期検診に行くと良いと思います。初期の段階で虫歯を見つけるのはもちろんですが、歯医者に行くクセをつけると何かあってもすぐに対処出来ます。